八ヶ岳南麓天文台 FM(VHF帯域)電波伝搬モニター観測(串田法)による


観測概要 [2014年3月改定]




VHF帯域(FM)電波モニター観測による「地震予報概要」2014A暫定版 配布のお知らせ

PHP新書「地震予報」をお読み下さいまして、心より厚く感謝申し上げます。
PHP新書内に書けなかった内容も含め、現在までに明らかとなって参りました「観測概要」を新たに38ページにまとめまし た。HP上にあります、16ページのテキストより、詳しく、また、わかりやすくまとめたつもりです。

現在、PDFファイルでの公開は考えておりませんので、配布ご希望の方は、当天文台まで郵送切手と共にお申し込み下さい。発送までにお時間を戴くことになりますが、順次発送させて戴きます。
HP上にあります、16ページのテキストより、詳しく、また、わかりやすくまとめたつもりです。現在、PDFファイルでの公開は考えておりませんので、配布ご希望の方は、当天文台まで郵送切手と共にお申し込み下さい。発想までにお時間を戴くことになりますが、順次発送させて戴きます。

地震予報概要 2014A 暫定版 お申し込み方法
  1部=切手205円 
  2部=切手250円 

2014A希望 希望部数 を明記の上、必ず「HP見た」と書いて、名前、ご住所を明記の上、上記の切手を同封して当天文台までお送り下さい。(返信用封筒は必要ありません)

お申し込み先:
  〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸8697-1
         八ヶ岳南麓天文台 宛
内容目次は以下のとおりです(A4版38ページ)

VHF帯域(FM)電波モニター観測による 「地震予報概要」2014A暫定版


<目次>

1.基礎的概要

 地震前兆の発見・要旨・・・・・・・・・・・・・・2
 地震前兆観測の本格化まで・・・・・・・・・・・・3
 観測システム・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
 典型的な地震前兆の現れ方・・・・・・・・・・・・5
 典型的な地震前兆波形・・・・・・・・・・・・・・6
 地震前兆以外の変動
   スポラディックE・雷雲変動・・・・・・・・7
   台風接近に伴うPBF・・・・・・・・・・・8
   ランダウ減衰波形と振動型BF前兆・・・・・9

2.震央領域推定
 センターチューニング回路・・・・・・・・・・・10
 変動の影響局・・・・・・・・・・・・・・・・・10
 放送局と地震前兆検知領域・・・・・・・・・・・11
 前兆出現影響局・・・・・・・・・・・・・・・・11
 震央領域(震源地)の求め方・・・・・・・・・・12

3.発生時期推定
 前兆の現れ方と極大の認識・・・・・・・・・・・13
 地震前兆の時間変化比率・・・・・・・・・・・・14
 前兆基本形のバリエーション・・・・・・・・・・14
 前兆基本形に先行する前兆・・・・・・・・・・・15
 前兆期間の違い・・・・・・・・・・・・・・・・16

4.規模推定
 PBF前兆による規模の求め方・・・・・・・・・17
 その他の規模推定根拠前兆・・・・・・・・・・・18
 海域地震海深減衰と正断層減衰・・・・・・・・・19

5.基線幅増大BT
 BT周期的変化・・・・・・・・・・・・・・・・20
 BT日々変化時刻と地震発生時刻との一致・・・・21

6.東北太平洋沖地震・振動型BF
 2011年東北太平洋沖M9地震前兆・・・・・・22
 東北太平洋沖地震前兆の全貌・・・・・・・・・・23
 東北太平洋沖地震大型余震の予報結果・・・・・・24

7.まとめと仮説・参考
 地震予測3要素は前兆の何を見るか・・・・・・・25
 前兆観測段階でわかること・・・・・・・・・・・26
 電離層の電子密度変化・・・・・・・・・・・・・27
 経験則発見と失敗の歴史・・・・・・・・・・・・29
 地震前兆観測と地震予報について・・・・・・・・30
 地震前兆検知公開実験・・・・・・・・・・・・・31
 観測装置設定一覧・・・・・・・・・・・・・・・33
 アンテナ・ケーブル・受信機について・・・・・・35
 主な目標FM放送局位置図・・・・・・・・・・・36
 八ヶ岳南麓天文台の紹介・・・・・・・・・・・・37
 参考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38